代表挨拶

ロイコム株式会社も2008年4月に設立して以来、2018年の4月より11年目にチャレンジしていける事となりました。
これもひとえにいつも温かく、時には厳しくご指導くださり、支えてくださったみなさまのご高配のお蔭と心より深く感謝いたしております。

業務内容は設立当初より、“サーバインフラの設計・構築および導入・運用”と“ソフトウェアプログラムの設計・開発および改修・保守”という2本立でやってまいりました。
これからもこの2本の太い柱を中心として、会社の規模拡大に沿った形で様々な形態、場所、分野へと広がっていければと考えております。

振返ってみますとリーマンショックの年という波乱の中、右も左もわからない5人のメンバーでの船出でした。
掲げていた合言葉は「自由で統率のとれた集団」というもので、個々の特性を存分に発揮しつつ、ひとつの船に乗って力をあわせ同じ方向を目指すというものでした。
厳しい節度やモラルのある“仕事”という中においてでも、個々が自由で闊達、常に前向きに仕事に取組み、一緒に仕事をするビジネス・パートナーさんやお客様から「ロイコムさんと仕事していると楽しい上に勉強になるし、こちらもやる気が出てくる。 これからも一緒に仕事していきたい」と思われることで、Win-Winの関係を築け、ひいては社会に貢献できることが目標でした。
10年を超え新しい1年を迎えるにあたり、初心を今一度思いおこしてみたいと感じています。

ロイコムのカラーには次のような意味が含まれています。
  Red:情熱あふれる人
  Orange:好奇心を持ち続ける人
  Yellow:共に歩んでいく未来

私たちを取り巻く環境はこれからもものすごいスピードで変わっていくと予想されます。また我々の業界の技術もそれに伴って加速していくことでしょう。
私たちロイコム株式会社は若さ、情熱、機敏性を活かし、新しい技術に好奇心を持って果敢にチャレンジし、お客様やビジネス・パートナー様はもとより、社員や社員の家族をも含めた社会そのものと共存・共栄して行く事を命題としてこれからも精進してまいります。

皆さまからのより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、今後とも宜しくお願い申し上げます。


代表取締役社長 髙橋 昌彦


経営理念

ロイコム株式会社の経営理念は次のとおりです。
■革新の伝承 常に新しい技術や業務に取り組む精神と創意工夫・業務改善を心がける意欲を伝承することでコストパフォーマンスに優れた
魅力的なサービスを提供します。
■品質の伝承 品質を確保するために、社員一人ひとりの作業品質の向上を心がける意識を伝承することで安心してご利用いただけるサービスを提供します。
■共感の伝承 お客様はもとよりプロジェクト内のコミュニケーションを充実させる意識を伝承すること円滑な運用かつシナジー効果を発揮する共同体を形成します。
■品格の伝承 規則だけでなく慣習や慣行を尊守し、自己統制する習慣を伝承することで、お客様だけでなく地域社会からの信頼を獲得します。
■成果の伝承 未来に繋げる希望のある前向きな成果の獲得習慣を伝承することで社員一人ひとりが夢と希望を語り継ぐ組織を形成します。
近年私たちを取り巻く社会環境は大きく変化をしてきています。その中でも特にロイコムが生業をなすIT業界は変化の最先端を行く分野と認識しております。
そんな世の中に幾千万の企業が乱立するなか、ロイコム株式会社が存在する意義を社員一同で考えました。

ロイコム株式会社の存在意義は「社員の夢を実現するために存在する」

経営理念はその存在意義を実現していく上で、ロイコム社員が常に心に留め、最低限守るべきルールという位置付けで策定し、明文化しました。
会社は社員の集まりであり、社員個々の力をより合わせて作るもの。
すなわち会社の成長や勢いは個々の社員のモチベーションが生み出すと考えています。
そのモチベーションの源となる社員個々の夢を実現するという事が会社を成長させるための一番分かり易い指針ではないかと考えました。
この経営理念は、技術者としてはもとより人としても魅力一杯な人間力を備えた社員を育成することで、ロイコム株式会社がお客様はもとより微力ながら社会に貢献することを目指すという宣言です。